「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一髪」「日本以外全部沈没」_日本は神の国!?

 深夜のバラエティ番組のゆる~い展開とばかばかしさ。ゴールデンタイムなら絶対うけないなというような内容が何故か深夜TVの前にいると、「しょーもない」と思いつつも、つい笑っちゃう。
 たぶんそんなノリです、この作品。

 レンタルで「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一髪」を観た。
監督は河原実。「日本以外全部沈没」と同じ監督さん。
 パロディ、物事を茶化すことに好きな人、嫌いな人と分かれるんだろうけど、私は前者。シリアスな作品も大好きだけど、その反面にパロディも。
 いかにも発砲スチロールか模型が爆発しているという感の、怪獣ギララにより壊されるビル。今時のヒーロー番組"ナントカレンジャー"だってもっと精密に特撮しているよ、て!
 笑っちゃいます、たまらなく。

 時は2008年、舞台は北海道洞爺湖。
主要国首脳会議開催中の洞爺湖サミットに、宇宙から怪獣ギララ来襲の報があり、席上は大混乱。サミットはギララ対策本部へと様変わりし、各首脳の指揮の下ギララ撃退作戦が開始される。

 "ザ・ニュースペーパー"のメンバーによる伊部首相、大泉元首相、(もちろん安部、小泉元首相のパロディ)。
追求されるとすぐ腹痛を起こす伊部首相。ギララ出現の報にざわつくサミット席上にいつもの平然とした口調で現れる大泉元首相。
国民の支持率しか頭にない米大統領に、「地球温暖化で暖かくなってよかった」という露大統領。
サミットそっちのけで通訳の女の子に色目使ってばかりの仏大統領。

 ギララの暴走に各首脳の考え出した作戦は見事に的外れ。なす術もなく困り果てた席上にはさらに驚くべき展開が! "北の将軍様"と"喜び組"にたちまち占拠される会議場・・・・。

 一方地元のある村には古くから”タケ魔神”が祀られていて、どうやら遙か昔に一度ギララから村を守ったという経緯があったらしい。「マチコネ、マチコネ」と歌いながらビートたけしの往年の「コマネチ!」をポーズして、タケ魔神に祈り続ける村人達。
主演(?)の加藤夏希、加藤和樹のW加藤のコンビも真剣に「マチコネ」やってる姿には・・。

 果たして村人の祈りはタケ魔神に通じるのか_?

ギララは中国が宇宙に発射したロケットに付着した未確認生物が、地上に落ちてきた時の爆発で生まれたものという設定だの、ラストに米大統領が「やはり日本は神の国だ」発言には苦笑するしかないかと・・。

画像



「日本以外全部沈没」もちろん、小松左京原作の「日本沈没」のパロディで筒井康隆原作。
いづれも映画化されているけど、「ギララ・・」同様、日本の自虐史観、ナショナリズムを逆手にとって笑いに変えてる作品で、これもやっぱり後半に"北の将軍様"が_。

 タイトル通り、地球には日本列島以外は全部海に沈没してしまっている世界。各国の難民船が日本の近海に移民受け入れを待っている。その中で一部日本に「住まわせてもらっている」ガイジン達。
 酒場で必死に日本語の唄(演歌だったか?)を歌うプレスリー、日本人に仕事をねだるハリウッド俳優、ブルース・ウィリス、シュワルツェネッガー(もちろんそっくりさん)
 「日本で仕事したいんだったら、日本語ちゃんと覚えろよ」とか、
 中国、韓国の首脳に"靖国参拝してきましたよ"発言させたり、
 「竹島に住みなさいよ、あそこあなたたちの島なんでしょ」と韓国首脳にいやらしい言い方する日本の首相。
もう、島国根性丸出しの差別発言のオンパレード。
 そしてやっぱり最後は”北の将軍様”の暗躍が・・・。

 「日本沈没」のTV版、映画版(1973年公開)の主演の村野武範、藤岡弘がこの作品にも日本首相、防衛庁長官役で出演。
 まぁこういう内容の作品は、ガイジンには見せらんないなぁと。でもあまりのおバカな映画に、いきり立つ方がいるのならそれもどうかと。
 こういった作品はつまり”おなら”なんだろうなと思う。
 人は誰しも”理想”、”綺麗事”を持っている。でもその反面はやり”くさいオナラ”だってしなければ、生きてはいけない。いわゆる ガス抜きというやつ。

 パロディが嫌いな人は、そう目くじらたてないで・・・。

画像
画像
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

この記事へのコメント

2009年03月08日 09:53
ギララの方は観ていませんが、日本以外全部沈没は観ました。
うまか棒が物価指数のように使われていたり、原作者もゲスト出演していたりと、見所満載のパロディでした。
ギララの逆襲、面白そうですね。ザ・ニュースペーパーが首相役で出演というだけでも、観てみたい気になります。
マキサ
2009年03月08日 20:44
こんばんわ!
「ギララ」ご覧になったんですね☆
ほんと、しょーもないと思いつつ笑ってしまうバカバカしさとおもしろさ!

私はまだ見ていない「日本以外全部沈没」を借りに行きます~☆
オリオン
2009年03月08日 22:18
桃源児さん、マキサさん、コメントありがとうございます。
「ギララ」も「日本以外全部沈没」も共に、しょーもない(ほめ言葉として)作品ですよね。大阪弁風にいうなら「アホな映画」というのかもしれません。
 思い出した! 「0093 女王陛下の草刈正雄」という作品も面白いですよ。
俳優草刈正雄は実はスパイだった!という内容ですが、これも超笑えます。

この記事へのトラックバック