「ローマの休日」

8月10日TOHOシネマズ光の森にて「ローマの休日」を観ました。「午前十時の映画祭」という過去の名作を劇場で見るというものですでに 10回を重ねていて、今年がどうやら最後の映画祭ということです。この映画祭では過去に「大脱走」「ある日どこかで」を観ています。 「ローマの休日」は1953年制作のモノクロ映画の名作で、レンタルで観たり、DVD…
コメント:0

続きを読むread more

「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」

10月5日 109シネマズ佐賀にて「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」を観ました。ヒキタクニオの同名書籍の映画化(未読)出演、松重豊、北川景子監督、細川徹 原作者とタイトルから、内容は作者自身の体験を元に、という作品のようです。どういう話かというとタイトル通り、”妊活”を、それも男性目線でのものです。ですから、同じ男として、クスクス笑えそうな…
コメント:0

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」

9月16 日ユナイテッド・シネマ熊本にて「機動戦士ガンダム/逆襲のシャア」4DX2D版を観ました。   監督、富野由悠季、CV,古谷徹、池田秀一、 9月X日に福岡市美術館にて開催された「富野由悠季の世界展」を結局は3度訪れました。展示品のあまりのボリュームと数日経ってもう一度観たいという気持ちになってしまったので(まぁ、そこで発売され…
コメント:0

続きを読むread more

「見えない目撃者」

 9月28日 TOHOシネマズ光の森にて「見えない目撃者」を観ました。出演、吉岡里帆、高杉真宙、大倉孝二、監督、森淳一 2014年日本公開の韓国映画「Blind」(未見)のリメイク作品。 私はあまりサスペンスものは観ない方なのでその表現のレベルがどれくらいのものかは判らないのですが、この作品はR指定となっていて、劇中ちょっと目をそ…
コメント:0

続きを読むread more

「初恋ロスタイム」

9月23日、T・JOY久留米にて「初恋ロスタイム」を観ました。仁科裕貴の同名小説の映画化(原作未読)出演、板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真監督。、河合勇人 見始めて ? ともしかしたら「半分の月がのぼる空」(映画)なのかなと。男女二人の高校生(正確には違いますが)とある悩みを抱えている医師の二つのストーリーが交互に見せられる展開に、そう思っ…
コメント:0

続きを読むread more

「僕のワンダフル・ジャーニー」

9月15日、TOHOシネマズ光の森にて「僕のワンダフル・ジャーニー」を観ました。前作「僕のワンダフル・ライフ」(2017年公開)の続編。出演、ジョシュ・ギャッド、デニス・クエイド、監督、ゲイル・マンキューソ原題は A Dog's Journey ”動物もの”と”転生もの”のミックスしたハートフルドラマです。 主人公のワンちゃんが何度も…
コメント:0

続きを読むread more

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」

9月6日、109シネマズ佐賀にて「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形」を観ました。原作、暁佳奈の同名小説のアニメ映画作品(原作未読)監督、藤田春香、CV,市川由依、寿 美菜子、悠木 碧。 製作が京都アニメーションであって、今年の7月中旬に起こった放火事件で悲しい状況になってしまったところです。 このアニメ制作会社…
コメント:0

続きを読むread more

「トールキン 旅の始まり」

 9月1日 TOHOシネマズ光の森にて「トールキン 旅の始まり」を観ました。原題、TOLKIEN「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」の原作者、J・R・R・トールキンの半生を描いた作品です。出演、ニコラス・ホルト、リリー・コリンズ監督、ドメ・カルコスキ 後世に残る偉大な作品の作者自身の若き日の物語というと、よくありがちなのが、作品の…
コメント:0

続きを読むread more

「天気の子」

8月3日 TOHOシネマズはませんにて「天気の子」を観ました。新海誠監督作品のアニメーションです。CV、醍醐虎太郎、森七菜、小栗旬。 前作「君の名は。」で過去に起こった惨劇から大勢を救うというプロットを高校生男女のボーイ・ミーツ・ガールという形でストーリーが展開していくものだったのですが、本作は主人公の青年が救うのはヒロインただ一人で…
コメント:0

続きを読むread more

「アルキメデスの大戦」

 8月4日 TOHOシネマズ光の森にて「アルキメデスの大戦」を観ました。 三田紀房原作コミックの実写映画化です。(原作未読)出演、菅田将暉、柄本祐、監督、山崎貴8月にになるとTVでは怖い話特集や太平洋戦争にまつわる話だったりと定番になっていたのですけれどいつのにかこの手の特番はあまりやらなくなったのは、なぜなのでしょう。 世間はこの時期…
コメント:0

続きを読むread more

「トイ・ストーリー4」

 7月26日 TOHOシネマズ光の森にて「トイ・ストーリー4」を観ました。 ピクサーの”トイ・ストーリー”シリーズの四作目です。 監督、ジョシュ・フーリー。 CV,トム・ハンクス(唐沢寿明)、ティム・アレン(所ジョージ)、アニー・ポッツ(戸田恵子)。  子供から大人まで楽しめる、あまりその予備知識を必要としないアニメ映画の定…
コメント:0

続きを読むread more

「パリ、嘘つきな恋」

 7月20日、denkikanにて「パリ、嘘つきな恋」を観ました。 原題:TOUT LE MONDE DEBOUT 出演、フランク・デュボスク、 アレクサンドラ・ラミー 監督、フランク・デュボスク    映画予告から大体の内容は予想されるのですがそれでも、いいなぁと思ってしまう作品です。劇場予告につい出かけた次第。 …
コメント:0

続きを読むread more

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」

7月14日 TOHOシネマズ福津にて「アイアンスカイ/第三帝国の逆襲」を観ました。  原題は Iron Sky :The Coming Race」 フィンランド、ドイツ・ベルギー合作によるSF映画です。 2012年にこの第1作目「アイアン・スカイ」が公開されているのですがその続編に当たるものになります。  ちなみにこの1作目…
コメント:0

続きを読むread more

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

6月29日 109シネマズ佐賀にて「スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム」を観ました。 原題、Spider-Man: Far From Home  前作のタイトルが「Home Coming」というもので、そして今回は「Far From Home」というのはなかなか秀逸では無いでしょうか。  出演、トム・ホランド、サミュ…
コメント:0

続きを読むread more

「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

6月23日 TOHOシネマズ光の森にて「劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」を観ました。  出演、坂口健太郎、吉田鋼太郎。  監督、野口照夫。山本清史(エオルゼアパート)  オンラインゲームのファイナルファンタジーXIVを題材とした作品で1917年にテレビドラマ化されているものですが未見です。  ゲーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「X-MEN :ダーク・フェニックス」

 6月22日、イオンシネマ筑紫野にて「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観ました。 原題:Dark Phoenix  出演、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスペンダー、ジェニファー・ローレンス、ソフィー・ターナー 監督、サイモン・キンバーグ  マーベルコミックの「X-MEN」シリーズの映画化で、時代背景とキャラク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富野由悠季の世界」

 6月22日は福岡市美術館に出かけました。 それは「富野由悠季の世界」がここ福岡を皮切りに全国6会場で開催されるということで ガンダムファンというより、”富野信者”である私はその初日から出かけた次第です。   ただ残念なことにこの展覧会の詳細に疎かった私は、この日9時のオープニングセレモニーに監督が来られることや、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アラジン」

 6月15日、109シネマズ佐賀にて「アラジン」を観ました。  出演、ウィル・スミス、ナオミ・スコット、メナ・マスード  監督、ガイ・リッチー。    「”アラジン”の話は”魔法のランプ”、”ランプの魔人”くらいしか覚えて無くて、子供の頃の童話、絵本で読んだきり、ディズニーアニメのアラジンも観ていません。   ”魔法のランプ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ」

6月1日、TOHOシネマズはませんにて「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観ました。 原題も「Godzilla: King of the Monsters」 2014年公開の通称”ギャレゴジ”の「ゴジラ」の続編です。前作の5年後の世界という設定です。  出演 カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パラレルワールド・ラブストーリー」

 5月31日TOHOシネマズ光の森にて「パラレルワールド・ラブストーリー」を観ました。 東野圭吾の同名小説の映画化です(原作未読)。 出演、玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太。 監督、森義隆。  東野圭吾というとミステリー作家に分類されているのですが結構、人情的で泣かせる作品もあって単にミステリー作家とくくれない作家です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more