テーマ:映画

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

6月29日 109シネマズ佐賀にて「スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム」を観ました。 原題、Spider-Man: Far From Home  前作のタイトルが「Home Coming」というもので、そして今回は「Far From Home」というのはなかなか秀逸では無いでしょうか。  出演、トム・ホランド、サミュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

6月23日 TOHOシネマズ光の森にて「劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」を観ました。  出演、坂口健太郎、吉田鋼太郎。  監督、野口照夫。山本清史(エオルゼアパート)  オンラインゲームのファイナルファンタジーXIVを題材とした作品で1917年にテレビドラマ化されているものですが未見です。  ゲーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「X-MEN :ダーク・フェニックス」

 6月22日、イオンシネマ筑紫野にて「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観ました。 原題:Dark Phoenix  出演、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスペンダー、ジェニファー・ローレンス、ソフィー・ターナー 監督、サイモン・キンバーグ  マーベルコミックの「X-MEN」シリーズの映画化で、時代背景とキャラク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アラジン」

 6月15日、109シネマズ佐賀にて「アラジン」を観ました。  出演、ウィル・スミス、ナオミ・スコット、メナ・マスード  監督、ガイ・リッチー。    「”アラジン”の話は”魔法のランプ”、”ランプの魔人”くらいしか覚えて無くて、子供の頃の童話、絵本で読んだきり、ディズニーアニメのアラジンも観ていません。   ”魔法のランプ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ」

6月1日、TOHOシネマズはませんにて「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観ました。 原題も「Godzilla: King of the Monsters」 2014年公開の通称”ギャレゴジ”の「ゴジラ」の続編です。前作の5年後の世界という設定です。  出演 カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パラレルワールド・ラブストーリー」

 5月31日TOHOシネマズ光の森にて「パラレルワールド・ラブストーリー」を観ました。 東野圭吾の同名小説の映画化です(原作未読)。 出演、玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太。 監督、森義隆。  東野圭吾というとミステリー作家に分類されているのですが結構、人情的で泣かせる作品もあって単にミステリー作家とくくれない作家です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コンフィデンスマンJP」

 5月26日、TOHOシネマズ光の森にて「コンフィデンスマンJP」を観ました。 出演、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、竹内結子、三浦春馬、 監督、古沢良太。    2018年4月の月9で楽しんだTVドラマの劇場版です。 CONFIDENCEMAN というのは信用詐欺師のことで、このドラマの主人公は皆この詐欺師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「髑髏城の七人 花」

5月18日 T・JOY久留米にてゲキxシネ「髑髏城の七人 花」を観ました。  劇団新感線の定番の舞台”髑髏城”です。 2011年のいわゆる”ワカドクロ”を梅田芸術劇場で観劇しました。 それまではずっとDVDで観ることしかできなかったので。(地方在住故の・・)  この「花」は2017年から翌年まで東京豊洲にできたIHIステー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クロノス・ジョウンターの伝説」

 5月19日 denkikan にて「クロノス・ジョウンターの伝説」を観ました。  梶尾真治原作の同名小説の第一章にを映画化したものです。(原作読了)  出演、下野紘、井桁弘恵、監督、蜂須賀健太郎。  「クロノス_」のストーリーはいわゆる”タイムマシンもの”なのですが各章毎に主人公、時間軸が異なるものになっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アヴェンジャーズ エンドゲーム」

 4月28日イオンシネマ筑紫野にて「アベンジャーズ エンドゲーム」を観ました。  原題:Avengers: Endgame 出演、ロバード・ダウニー・Jr, クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース  監督、アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 上映時間は3時間強とこれまでに無く長いものとなっています。 またス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「賭ケグルイ」

 5月4日横浜ブルク13にて「賭ケグルイ」を観ました。 河本ほむら、尚村透の同名コミックの映画化です。(原作コミックは9巻まで読了。現在も連載中)  深夜ドラマで実写化されたものを観て、そのどぎつさ、派手さ、賭け事に狂っていく様が極彩色に彩られている、そういう印象を受け、ちょっとはまってしまいました。最初にTVドラマをみてそれか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キングダム」

 4月20日109シネマズ佐賀にて「キングダム」を観ました。 原泰久の同名コミックの実写映画化。 出演、山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、本郷奏多。 監督、佐藤信介  書店にはよく通う方なのでこのコミックが大人気な作品でであると言うことは知っていましたが読んだことはありません。ちょっと前にテレビ番組のアメトークで「キング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハンターキラー 潜航せよ」

4月13日109シネマズ佐賀にて「ハンターキラー 潜航せよ」を観ました。  原題:Hunter Killer 出演、ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン。 監督、ドノヴァン・マーシュ  潜水艦もの、てハズレがないとはよく言われます。(ホントかな?)  日常から隔絶された密閉空間、戦艦や巡洋艦とは異なる独特の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャプテン・マーベル」

 3月30日TOHOシネマズ光の森にて「キャプテン・マーベル」を観ました。もうすっかりドル箱コンテンツとなったマーベルコミックの映画作品のうちの一つです。  原題:Captain Marvel 出演、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン。監督、アンナ・ボーデン、ライアン・フレック。  マーベルコミックの「キャプテン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スパイダーマン・スパイダーバース」

 3月21日TOHOシネマズはませんにて「スパイダーマン スパイダーバース」を観ました,. 原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse おそらくスパイダーマンの世界へようこそ、みたいな意味があるのかなとも。  この作品は実写ではなくてCGアニメです。劇場予告を観ながら、ああアニメのスパイダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グリーンブック」

3月16日 109シネマズ佐賀にて「グリーンブック」を観ました。 出演、ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ。監督、ピーター・ファレリー。  ヴィゴ・モーテンセンというと「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルン役なのですが、ちょっと同一人物ということが判りませんでした。体形のあまりの違いに・・・。  タイトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「九月の恋と出会うまで」

 3月10日、109トシネマズ佐賀にて「九月の恋と出会うまで」を観ました。  松尾由美の同名小説の映画化です(原作未読)。 出演、高橋一生、川口春奈。監督、山本透。  タイムパラドクスものと恋愛小説というのは今や定番なのでしょうけれど、本作もそのうちの一つです。ですがSFっぽい演出は控えめで登場人物の行動や台詞のやりとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「移動都市/モータル・エンジン」

3月9日TOHOシネマズ光の森にて「移動都市/モータル・エンジン」を観ました。 原題 Mortal Engines フィリップ・リーヴの同名小説の映画化(未読) Hungry City Chroniclesというシリーズものの第一作目に当たる作品。 出演、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘラ・ヒルマー、ロバート・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「翔んで埼玉」

 2/23日 TOHOシネマズ光の森にて「翔んで埼玉」を観ました。 魔夜峰央の同名コミックの実写映画化です(原作未読)  出演、二階堂ふみ、GACKT,伊勢谷友介、監督、武内英樹。  魔夜峰央の作品というと有名なのが「パタリロ!」で昔TVアニメを放映していたのはなんとなく覚えていますが、ほぼ観てなかったのでどういったス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フォルトゥナの瞳」

2月 16日 109シネマズ佐賀にて「フォルトゥナの瞳」を観ました。 百田尚樹の同名小説の映画化です。(原作未読) この方って、よくTV,ネットメディアに出演されている時はすごく保守的な言論の強い方でこの「フォルトゥナの瞳」の原作者という印象とのギャップを感じました。  出演、神木隆之介、有村架純、  この映画の予告が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アリータ バトル・エンジェル」

2月24日109シネマズ佐賀にて「アリータ:バトル・エンジェル」を観ました。 原題もAlita :Battle Angel 木城ゆきとのコミック「銃夢(ガンム)」を実写映画化したものです。 監督、ロバート・ロドリゲス、制作、脚本にジェームズ・キャメロン。 出演、ローサ・サラザール、クリストファ・ヴァルツ、ジェニファー・コネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メリー・ポピンズ リターンズ」

 2月11日、TOHOシネマズは光の森にて「メリー・ポピンズ リターンズ」を観ました。 原題も「Mary Poppins Returns」です。  出演、エミリー・ブラント、エミリー・モーティマー、ベン・ウィショー、メリル・ストリープ。 監督、ロブ・マーシャル。 タイトルに”リターンズ”あるくらいなので続編なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雪の華」

2月10日 TOHOシネマズ光の森にて「雪の華」を観ました このタイトルから推測できるとおり、中島美嘉の「雪の華」からインスパイアされたラブロマンス映画です。 主演、中条あやみ、登坂広臣。監督、橋本光二郎。  中島美嘉の曲は昔よく聞いていて、CD,DVD(PV)も持っていました。 スローで静かな、どちらかというと暗い雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「劇場版シティハンター・新宿プライベート・アイズ」

 2月9日、109シネマズ佐賀にて「劇場版シティハンター・新宿プライベート・アイズ」を観ました  北条司のコミックのアニメ映画化で少年ジャンプに連載中にもよく読んでいました。もともと前作の「キャッツ・アイ」が好きだったのでそのせいもあって。  アニメの方は「キャッツ・アイ」も当時観ていたのですが、漫画の絵とアニメの絵の差には当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「デイアンドナイト」

2月2日T・JOY久留米にて「デイアンドナイト」を観ました。 俳優の山田孝之のプロデュース、 監督、藤井直人、 出演、阿部進之介、安藤政信、清原果耶。 企画も主演の阿部進之介によるもので、脚本には山田孝之も加わっていいるとの事です。  「善と悪はどこからやってくるのか」  この言葉はこの作品の主題となってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛唄 -約束のナクヒト-」

 1月26日109シネマズ佐賀にて「愛唄」を鑑賞。 ボーカルグループ「GReeeeN」の曲「愛唄」を題材にした映画です。 監督、川村泰祐 出演、横浜流星、清原果耶、成海璃子、飯島寛騎  GReeeeNの音楽もそれに関連するドラマ・映画等も観たことが無いのでただ、メンバーが歯医者さんで、 音楽活動と両立させるために顔出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蜘蛛の巣を払う女」

 1月12日TOHOシネマズ光の森にて「蜘蛛の巣を払う女」を 観ました。 でデヴィッドアr-ゲルクランツ原作の同名小説の映画化です  原題は The Girl n the Spider's Web  この作品は「ドラゴンタトゥーの女」から続くシリーズものです。 (原作未読、映画化もされているようですが、私は「ドラゴンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムNT」

 12月8日、TOHOシネマズ光の森にて「機動戦士ガンダムNT」を観ました。福井晴敏の「ガンダムUC 不死鳥狩り」を原作としたアニメ映画化です。(原作未読)  ”ユニコーン”も原作未読ですが劇場版は観ています。  監督、吉沢俊一  CV,榎木 淳弥, 村中 知  「ガンダム」好きなのですが、どちらかというとトミノ作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「GODZILLA 星を喰う者」

11月17日、TOHOシネマズ光の森にて「GODZILLA 星を喰う者」を観ました。 第一章の「怪獣惑星」、第二章「決戦機動増殖都市」に続く前三部作の最終章に当たる作品です。 監督、清野孔文、瀬下寛之。 CV ,宮野真守、桜井孝宏。 「怪獣惑星」でのGODZILLAは地球そのものを体現する怪獣として描かれています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「華氏119」

 11月 10日TOHOシネマズ福津にてマイケル・ムーア監督の「華氏119」を観ました。  この監督の作品は「シッコ」「ボウリング・フォー・コロンバイン」を観たことがあります。  アメリカの今、を非常にどぎつくセンセーショナルに表現したものというのが第一印象です。 華氏というのは温度の単位のことで日本では摂氏で表現するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more