テーマ:タイトル「は」行

「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

6月23日 TOHOシネマズ光の森にて「劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」を観ました。  出演、坂口健太郎、吉田鋼太郎。  監督、野口照夫。山本清史(エオルゼアパート)  オンラインゲームのファイナルファンタジーXIVを題材とした作品で1917年にテレビドラマ化されているものですが未見です。  ゲーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パラレルワールド・ラブストーリー」

 5月31日TOHOシネマズ光の森にて「パラレルワールド・ラブストーリー」を観ました。 東野圭吾の同名小説の映画化です(原作未読)。 出演、玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太。 監督、森義隆。  東野圭吾というとミステリー作家に分類されているのですが結構、人情的で泣かせる作品もあって単にミステリー作家とくくれない作家です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハンターキラー 潜航せよ」

4月13日109シネマズ佐賀にて「ハンターキラー 潜航せよ」を観ました。  原題:Hunter Killer 出演、ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン。 監督、ドノヴァン・マーシュ  潜水艦もの、てハズレがないとはよく言われます。(ホントかな?)  日常から隔絶された密閉空間、戦艦や巡洋艦とは異なる独特の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フォルトゥナの瞳」

2月 16日 109シネマズ佐賀にて「フォルトゥナの瞳」を観ました。 百田尚樹の同名小説の映画化です。(原作未読) この方って、よくTV,ネットメディアに出演されている時はすごく保守的な言論の強い方でこの「フォルトゥナの瞳」の原作者という印象とのギャップを感じました。  出演、神木隆之介、有村架純、  この映画の予告が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビブリア古書堂の事件手帖」

 11月1日TOHOシネマズ光の森にて「ビブリア古書堂の事件手帖」を観ました。  三上延原作小説の実写映画化。(原作読了) 出演、黒木華、野村周平、監督、三島有紀子。  私は読書家という程でもありませんが、昔から本を読むのは好きでしたし、遠出しても大抵は書店を探してそこで一息という性分です。  この作品をジャンル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フェイクニュース」

 10月20、27日にNHKのドラマ「フェイクニュース」を観ました。 タイトルには小さく”あるいはどこか遠くの戦争の話”ともあってちょっと疑問に感じて観た次第です。  主演が北川景子で、役名が東雲樹(しののめ いつき)というちょっと読みづらく珍しい名前のネットメディア編集者という役柄です。  この”フェイクニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」

 6月30日 TOHOシネマズ光の森にて「ハン・ソロ」を鑑賞。スター・ウォーズシリーズのスピンオフ作品です。 原題 solo:A Star Wars Story 出演、オールデン・エアエンライク、ウディ・ハレルソン、 監督、ロン・ハワード。  「スター・ウォーズ Ⅳ:新たなる希望」の約10年前という設定で主人公はハン・ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パシフィックリム・アップライジング」

4月14日、109シネマズ佐賀にて「パシフィックリム・アップライジング」を観る。 原題 Pacific Rim:Uprising. Uprisingは反乱、暴動の意、でこのタイトルからもなんとなくどんな展開かが推測できるかも。  出演、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド。 監督、スティーブン・デナイト(今回はデルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福岡恋愛白書13 キミの世界の向こう側」

 深夜に放送されるドラマ、て結構いいのがある。 福岡のKBCテレビが2006年から年1回製作している「福岡恋愛白書13ーキミの世界の向こう側」を観る。[1~12]までは未見なのだけれど、DVDやKBCテレビのHPから視聴できるよう。  主演、杉野遥亮、奈緒。 監督、二宮崇。 この「~白書」は視聴者からのエピソードを基に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック・パンサー」_陛下、出番です

3月3日、TOHOシネマズ光の森にて「ブラック・パンサー」を観る。原題、BlackPanther  出演、チャドウィック。ボーズマン 監督、ライアン・クーグラー。  マーベルコミックの”ブラック・パンサー”の実写映画化で”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”で初登場なのだけれど、そのネーミングが、過激だなぁと思ったのが第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不能犯」_愚かだねぇ人間は。

2月3日TOHOシネマズ光の森にて「不能犯」を観る。 宮月新、神崎裕也の同名コミックの映画化(未読)。 主演、松坂桃李、沢尻エリカ、監督、白石晃士。  人を操り死に至らしめる悪魔のような男というと「デスノート」を連想するのだけれど「デスノート」が主人公の正義感の暴走といった風なのに対して、この不能犯は苦悩する人の心をもて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鋼の錬金術師」_ハガレン

12月2日、TOHOシネマズはませんにて「鋼の錬金術師」を観る。 出演、山田涼介、本田翼、監督、曽利文彦。 荒川弘の同名コミックの実写映画化(原作未読) だいぶ前にTVアニメで放送していて、そういえばポルノブラフィティが主題歌を歌ってたなぁ、なにか魔法使いかなにかの話?程度。  まぁご多分に漏れず、人気マンガの実写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「BRAVE STORM」_シルバー仮面とレッドバロン!

11月11日、TOHOシネマズはませんにて「BRAVE STORM」を観る  出演、大東俊介、渡辺秀、山本 千尋  監督、岡部淳也。  TSUTAYAで立ち読みして目に入ったもの、シルバー仮面とレッドバロンの一つにした映画の情報。    ? むむ?  シルバー仮面とレッドバロンもほとんど覚えていない。 せいぜいシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブレードランナー2049」_人はどこから来てどこへ向かうのか

10月28日、109シネマズ佐賀にて「ブレードランナー2049」を観る。 1982年公開の”ブレードランナー”の続編。 出演、ライアン・ゴズリング、アナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード。監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴ。(”メッセージ”の監督)  ”ブレラン”の原作”アンドロイドは電気羊の夢を見るか?”の原作者、フィリップ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「僕のワンダフル・ライフ」_転生する魂。

9月30日 TOHOシネマズはませんにて「僕のワンダフル・ライフ」を観る。 原題、A Dog's Purpose.(原作未読) 出演、デニス・クエイド、監督、ラッセ・ハルストレム。  どんな内容かというとある一頭の犬の転生の物語。 これまで人間の転生というのはよくあったのだけれど、主人公を犬としているところは新しいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パワーレンジャー」_アメリカ版戦隊ヒーロー

 7月15日、イオンシネマ熊本にて「パワーレンジャー」を観る。  震災後の上映再開が今年の3月24日で、この日やっと この劇場にやってきた。(あとはユナイテッド・シネマ熊本)      「パワーレンジャー」。 日曜朝に朝日放送系列でやってる戦隊ヒーローもので相当長く続いているシリーズもの。  ”ゴレンジャー”とか”ジャッカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美女と野獣」_B & B

4月22日,TOHOシネマズはませんにて「美女と野獣」を観る。原題、Beauty and The Beastで、ボーモン夫人の”美女と野獣”というよりは1991年公開のディズニーアニメの”美女と野獣”の実写化。  監督、ビル・コンドル、主演、エマ・ワトソン。    今のご時世、”美女と野獣”とったら原作よりもディズニーアニメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひるね姫」_A.I ,桃太郎、大塚家具・・・。

3/21日、TOHOシネマズ光の森にて「ひるね姫」を観る。 監督、神山健治、ヒロインの声を当てているのが高畑充希。 劇場予告で”デイ・ドリーム・ビリーバー”が流れ、夢と現実を行き来するファンタジーという雰囲気で出かけてみた次第。  物語は2020年、オリンピック開催の数日前。 ヒロインのココネ(高畑充希)は学校の授業中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本能寺ホテル」_命より大切なもの

 1月28日、 109シネマズ佐賀にて「本能寺ホテル」を観る。 主演、綾瀬はるか、監督、鈴木雅之。  劇場予告、タイトル、出演の綾瀬はるか、堤真一、の連想からなんとなく原作万城目学の作品の映画化?と予想してたのだけれど違ってた模様。  歴史上、特に戦国時代、”本能寺の変”ほどミステリアスでスリルがあって、またロマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくは明日、昨日の君とデートする」_記憶の揺らぎ

1月8日、109シネマズ佐賀にて「ぼくは明日、昨日の君とデートする」を観る。  七月隆文の同名小説の映画化(未読) 主演、福士蒼汰、小松菜々。監督、三木孝浩。  時間をテーマにした作品といったら、タイムリープ、タイムマシンものが定番なのだけれど、ブラッド・ピットの「ベンジャミン・バトン」という風変わりな作品もあるけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バイオハザード:ザ・ファイナル」_RESIDENT EVIL

  12月29日 TOHOシネマズ光の森にて「バイオハザード:ザ・ファイナル」を観る。  主演、ミラ・ジョヴォヴィッチ、監督、ポール・W・S・アンダーソン。  原題:RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER バイオハザードというゲームを映画化した作品の第6作目にして最終章となる作品。 (ゲームはやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘密 THE TOP SECRET」_犯罪者の深い闇

 8月15日 109シネマズ佐賀にて「秘密 THE TOP SECRET」を観る。 清水玲子の同名コミックの映画化(未読) 監督、大友啓史 主演、生田斗真、岡田将生  死者の脳からそのデータを読み取り、犯罪者の特定に至る、という装置が実現している世界。通称”第九”と呼ばれる特捜チームの動向が主となるストーリー。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パージ」_暴力肯定の12時間

TSUTAYA植木店からのレンタルにて「パージ」を観る。 原題。THE PURGE で粛正、浄化の意。  主演、イーサン・ホーク  プロローグでさらっと語られる舞台設定。 近未来、経済の崩壊したアメリカでは”新しい建国の父”を名乗る者達によって「パージ法」が制定される。それは年に一度の12時間全ての犯罪が許されるというもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」 HK is dead

5月14日 T・JOY久留米にて「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」を観る。 少年ジャンプに連載されていたあんど慶周の原作コミックの映画化で2013年に第一作が公開、上映館数は少なかったものの結構人気があったようで、それでの第二作といったところかな・・・(^_^)  主演、鈴木亮平、清水富美加。  まぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「僕だけがいない街」_”僕”の存在とは

3月26日,イオンシネマ大野城にて「僕だけがいない街」を観る。 主演、藤原竜也。 三部けいの同名コミックの実写化。(原作未読) 一見するとSFの一ジャンルであるループものなのだけれど、そこには別のものを見いだすことが出来る。 冒頭主人公が、交通事故にあうはずだった小学生を助ける。彼には自らの意図とは関わりなく数十秒から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハンガーゲーム:FINAL/レジスタンス」_完結!

11月29日 TOHOシネマズ光の森にて「ハンガーゲーム:FINAL/レボリューション」を観る。原題 HUNGER GAMES :MOCKINGJAY PART2  今年の6月に「FINAL/レジスタンス」が公開、その完結編となるのが本作なのだけれど「ん-、ちょっと長いかな」というのが第一印象。おまけにこの完結編で不意に出現し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リトルプリンス -星の王子さまと私」_大切なものは

11月22日 TOHOシネマズ光の森にて「リトルプリンス -星の王子さまと私」を観る。 原題 La Petit Prince テグジュペリの童話 ”星の王子さま”を元に製作されたフランスのアニメ映画。(原作未読) 星の王子さまを読んだことはなくても、何度となく、あの全体的に淡い色調でどこか儚げな王子のイラストをいろんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バクマン」_編集王

10月10日TOHOシネマズ光の森にて「バクマン」を観る。 週刊少年ジャンプに連載されていた漫画の実写化。 (原作はだいぶ以前に単行本10巻くらいまでは読んだ)  主演、神木隆之介、佐藤健。  劇場予告で初めて実写化を知ったときは、 佐藤健が劇中ストーリー担当の高木秋人、 神木隆之介が作画担当の真城最高役なのかなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ピエロがお前を嘲笑う」_人を欺す方法

 9月27日 T・ジョイ博多にて「ピエロがお前を嘲笑う」を観る。 原題は Who Am I - NO SYSTEM IS SAFE (自分は誰だ? システムは不完全、の意)ドイツ制作のサスペンス作品。  登場人物が最初と最後に同じ手品をしてみせる。勿論最後に種明かしをみせるのだけれど、そのトリック自体は他愛もないもの。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「バケモノの子」_父と子と。

 7月12日セントラルシネマ大牟田にて「バケモノの子」を観る。 アニメ「時かけ」、「サマーウォーズ」の細田守監督のオリジナルアニメ。 (おおかみこどもの雨と雪は未見) 「時かけ」の所為かこの監督の作品というと”夏”を感じる。「サマーウォーズ」のタイトル然り。    そして「バケモノの子」。  思わずグッとくるシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more