テーマ:タイトル「あ」行

「X-MEN :ダーク・フェニックス」

 6月22日、イオンシネマ筑紫野にて「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観ました。 原題:Dark Phoenix  出演、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスペンダー、ジェニファー・ローレンス、ソフィー・ターナー 監督、サイモン・キンバーグ  マーベルコミックの「X-MEN」シリーズの映画化で、時代背景とキャラク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アラジン」

 6月15日、109シネマズ佐賀にて「アラジン」を観ました。  出演、ウィル・スミス、ナオミ・スコット、メナ・マスード  監督、ガイ・リッチー。    「”アラジン”の話は”魔法のランプ”、”ランプの魔人”くらいしか覚えて無くて、子供の頃の童話、絵本で読んだきり、ディズニーアニメのアラジンも観ていません。   ”魔法のランプ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アヴェンジャーズ エンドゲーム」

 4月28日イオンシネマ筑紫野にて「アベンジャーズ エンドゲーム」を観ました。  原題:Avengers: Endgame 出演、ロバード・ダウニー・Jr, クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース  監督、アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 上映時間は3時間強とこれまでに無く長いものとなっています。 またス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「移動都市/モータル・エンジン」

3月9日TOHOシネマズ光の森にて「移動都市/モータル・エンジン」を観ました。 原題 Mortal Engines フィリップ・リーヴの同名小説の映画化(未読) Hungry City Chroniclesというシリーズものの第一作目に当たる作品。 出演、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘラ・ヒルマー、ロバート・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アリータ バトル・エンジェル」

2月24日109シネマズ佐賀にて「アリータ:バトル・エンジェル」を観ました。 原題もAlita :Battle Angel 木城ゆきとのコミック「銃夢(ガンム)」を実写映画化したものです。 監督、ロバート・ロドリゲス、制作、脚本にジェームズ・キャメロン。 出演、ローサ・サラザール、クリストファ・ヴァルツ、ジェニファー・コネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛唄 -約束のナクヒト-」

 1月26日109シネマズ佐賀にて「愛唄」を鑑賞。 ボーカルグループ「GReeeeN」の曲「愛唄」を題材にした映画です。 監督、川村泰祐 出演、横浜流星、清原果耶、成海璃子、飯島寛騎  GReeeeNの音楽もそれに関連するドラマ・映画等も観たことが無いのでただ、メンバーが歯医者さんで、 音楽活動と両立させるために顔出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙戦艦ヤマト2202 第六章 回生篇」

 11月3日、TOHOシネマズ光の森にて「宇宙戦艦ヤマト2202 第六章 回生篇」を観ました。 熊本ではここでしか上映していませんし、確か第一章あたりはやってなかったような気がします。 「ユニコーン」も最終話だけ上映していましたし・・・。 「宇宙戦艦ヤマト」はリメイクは好きです。もちろんオリジナルも小学生時代にリアルタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤ひげ」

 モノクロ時代の映画で今でも時々DVDで観る作品がいくつかあります。カラー作品でも廃盤になってしまう状況でモノクロ時代のものが未だにレンタル店に並んでいたりするのはやはり、その作品のもつ力強さなのだと思います。  ことに当時の映画は音声が聞き取りにくかったりモノクロであるためにはっきり見えなかったりと、今時のドラマを見慣れている方には…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ウエスト・ワールド」

 「もしかしたら,この現実世界も、自分も、そうなのでは?」   このドラマを観ているとふとそう感じてしまうことがあります。これまでので経験、記憶、周囲の人間も、もしかしたら植え付けられた模造記憶なのかも、と。  アメリカのテレビドラマ「ウエスト・ワールド」を観た最初に感じたことです。ただのテレビドラマとわかっていてもふとそう感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬ヶ島」

 6月10日 TOHOシネマズ光の森にて「犬ヶ島」を鑑賞。 監督、ウェス・アンダーソンによる近未来の日本を舞台にしているストップモーションアニメです。  CG,特撮のテクノロジが発達している現在何故ストップモーションアニメを?と思ったりもするのですけれど、その世界観ととてもマッチしていて良かったです。  ”近未来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士達」 煉獄篇

5月26日、TOHOシネマズ光の森にて「宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士達 煉獄篇」を鑑賞。  監督、羽原信義、脚本、福井晴敏、  CV、小野大輔、山寺宏一。  所謂リメイクヤマトの第二弾である「愛の戦士達」を全7部構成でリメイクしたものです。 オリジナルは1978年に公開されているもので当時私は小学生だったので映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いぬやしき」_アトムキャット

4月30日、TOHOシネマズ光の森にて「いぬやしき」を観る。奥浩哉のコミックの映画化(原作読了) 出演、木梨憲武、佐藤健、監督、佐藤信介。   原作コミックが10巻で、ストーリーもそう複雑につくられてはいない。それでも約2時間の映画に収めるには、と言うことでフォーカスするところは絞ってあるのだろうなというのがスクリーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

 4月28日、TOHOシネマズ光の森にて「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を観る。 原題もINFINITY WAR で終わりなき戦い、と言った意味。 「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」でアベンジャーズがその存在を巡って二つに分かれてしまうという話だったのだけれど、本作はシビルウォーのラストの衝撃以上の驚きのある作品。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オリエント急行殺人事件」_容疑者は全員。

 12月24日、TOHOシネマズ光の森にて「オリエント急行殺人事件」を観る。  アガサ・クリスティの同名小説の映画化(未読) 原題、Murder on the Orient Express この作品は1974年にも映画化されていてだいぶ以前にDVDレンタルで観た。日本語吹き替えモードにしても時折字幕モードになったりという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エターナル・サンシャイン」_永遠のものとは?

 TSUTAYA植木店からのレンタルで「エターナル・サンシャイン」を観る。  だいぶ前(10年以上?)には熊本には映画館といったら熊本市内くらいにしか無く、確かシネラックスという劇場だったと思うのだけれど小さな映画館でこの映画を観た。  原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美しい星」_三島由紀夫のSF小説

度々立ち寄るTSUTAYA植木店にて「美しい星」を観る。 三島由紀夫の同名小説の映画化。(未読) 三島由紀夫の作品は、学生、社会人になってから新潮文庫でいくつか読んだ事がある。(三島由紀夫の新潮文庫の表示は大きな明朝体のタイトルと著者名のものだったけど今は?) 「仮面の告白」、「愛の渇き」「潮騒」「美徳のよろめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エイリアン・プロメテウス」_彼は神か罪人か_

  劇場で”エイリアン・コヴェナント”を観ての数日後、レンタルでその前日譚の「プロメテウス」を観る。 (TSUTAYA植木店は最近リニューアルしてちょっとおしゃれな雰囲気になった)  監督、リドリー・スコット、出演、マイケル・ファスベンダー。  まぁこの”エイリアンシリーズ”の前日譚というべき 「プロメテウス」「コヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あさひなぐ」_部活は青春!

10月1日、TOHOシネマズ光の森にて「あさひなぐ」を観る。  こざき亜衣の同名コミックの映画化(原作未読)。 ちょっと前にアメトーークでマンガ大好き芸人(だったかな)で取り上げられて、出かけてみた次第。  まぁ、”エイリアン・コヴェナント”や、”プロメテウス”(レンタル)を観た後にどよ~んと重い感じをちょっとは和らげた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エイリアン・コヴェナント」_神話的世界

 9/17日 TOHOシネマズ光の森にて「エイリアン・コヴェナント」を観る。   Covenant =契約、誓約の意。 監督、リドリー・スコット、出演、マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン。  エイリアンシリーズは 第一作目、1979年公開(監督、リドリー・スコット) 第二作目、1986年公開(ジェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」_もしも?

 8月26日 TOHOシネマズ光の森にて 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観る。 1993年に放送されたTVドラマ(監督、岩井俊二)の劇場用アニメ作品。  監督、武内宣之。CVを広瀬すず、菅田将暉。  タイトルはどっかで聞いたような、とおもっていたら1993年のドラマで、その後映画化されたような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙戦艦ヤマト2202 第一章」_愛の戦士たち

2月26日、T・JOY博多にて「宇宙戦艦ヤマト2202・愛の戦士たち。第一章」を観る。 九州での公開はここのみなので遠出してきた。 博多に出かけるのも久しぶりで、高速を使って約2時間。JR博多駅の博多シティアミュプラザ内の映画館。  ちょっと?と思ったのは「ヤマト」「ガンダム」というといままで中洲大洋という劇場が主だったのにど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お父さんと伊藤さん」_ ピンは逃げませんから

 10月8日 T・JOY久留米にて「お父さんと伊藤さん」を観る。 監督、タナダユキ、出演、上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也。 中澤日菜子の同名小説の映画化(未読)  今の日本で贅沢しなければ(慎ましく暮らせば)貧することあっても淡々と生きていける。例外はあるだろうけど。アルバイトでもなんでもすればなんとか生きていけるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エクス・マキナ」_AIのゆくえ

7月16日 ユナイテッド・シネマ トリアス久山にて「エクス・マキナ」を観る。  Ex Machina = 機械仕掛けの意。  制作:イギリス、監督:アレックス・ガーランド、主演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル。    「いつかAIは人類を見下すようになる」 劇中にこんな台詞がある。この言葉を聞いた瞬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インデペンデンス・デイ _リサージェンス」_やってきたエイリアン

 7月10日109シネマズ佐賀にて「インデペンデンス・デイ リサージェンス」を観る。 この日は109シネマズの日で大人料金が1100円。  今年導入された4DXで観ようかなと思っていたら、案の定あっという間に満席で、2Dの方を選択。こちらは結構席に余裕有り、だった。  resurgence=復活の意なのだけれども、しばしば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつくしいひと」_それは故郷のこと

 6月5日 denkikanにて「うつくしいひと」を観る。 上映時間は約40分弱の短編で料金も500円。 (熊本地震の義援金として一部寄付されるとのこと)  出演、橋本愛、高良健吾、米村亮太朗,姜 尚中。  監督、行定勲。その他熊本出身で固められ熊本を舞台にした作品。  この劇場には何度も訪れているのだけれどこの日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福岡・博多 アートアクアリウムにて_

 5月21日 JR博多シティの9Fで開催されたアートアクアリウムを見に行く。  金魚を様々な水槽に入れて、カラフルなイルミネーションで彩る催し物。 まず最初に目の前に現れるのは_ 音楽とそして遊泳する金魚、金魚の動きに合わせて背後のふすまに花が咲いたり、様々な文様が出てきたりします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あやしい彼女」_彼女の年齢は?

4月10日 TOHOシネマズ光の森にて「あやしい彼女」を観る。 オリジナルは韓国版の”怪しい彼女”で、リメイクが中国の”20歳よ、もう一度”やベトナム版”私があなたのおばあちゃん”がある。 そして日本版リメイクがこの「あやしい彼女」    主演、多部未華子、倍賞千恵子。 オリジナル版、中国版を観ているので、今さら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「アデライン 100年の恋」 恋とはどんなものかしら?

レンタルにて「アデライン 100年の恋」を観る。 原題 The Age of Adeline 主演、 ブレイク・ライブリー。  ある出来事が原因で肉体の加齢が止まってしまった女性の物語。  ストーリーは。 ジェニーと名乗る若い女性が”スーザン”名義の身分証明書を購入する。 彼女の名前は”ジョニー”でも”スーザン”で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「怨讐星域」_約束の地

梶尾真治の「怨讐星域」を読了。 それぞれ「ノアズアーク」「ニューエデン」「約束の地」のサブタイトルがつく長編もの(全3巻)。 このサブタイトルからもなんとなく予想できるもの。 放浪、長い旅、苦難の先にある目的の土地。”創世記”に記されている”約束の地”etc...  カジシンこと梶尾真治の「黄泉がえり」もそうなのだけれどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more