「パリ、嘘つきな恋」

 7月20日、denkikanにて「パリ、嘘つきな恋」を観ました。
原題:TOUT LE MONDE DEBOUT

出演、フランク・デュボスク、 アレクサンドラ・ラミー
監督、フランク・デュボスク
 
 映画予告から大体の内容は予想されるのですがそれでも、いいなぁと思ってしまう作品です。劇場予告につい出かけた次第。

 
 誤解から始まった出会い、はやがてそのきっかけとなった誤解に悩まされるようになりそれを解こうと四苦八苦する、要は小さなおかしみもあって微笑ましくもあります。
 そしていかにもフランスといった風景も落ち着いた雰囲気にしています。


RS=^ADB3x3mMRj5Tk4pOG1i5CGlXjZXzD4-.jpg
 ストーリーは。
ジョスラン(通称ジョジョ)はパリの大手のビジネスマンなのですが、呆れるくらいに女好き。冒頭から空港のカウンターの女性を口説いたり、すれ違う女性にしかその視線の向かう先はありません。
 そんな彼は足の不自由な車椅子の生活者と間違われ、勘違いしたその女性の気を引こうとそのフリを続けてしまいます。
 ある日その女性から招待され彼女の実家に行くジョスランですがそこで彼女の姉、フロランスが車椅子で現れます。
RS=^ADBOwPD1ViU8ua6IxQUhyFDexp4i8k-.jpg

フロランスは事故のために車椅子の生活を余儀なくされていますが、バイオリン奏者として世界中で演奏し、テニスの試合にも出場する明るい快活な女性です。
初対面の時は微妙な表情のジョスランでしたが会うたびに、会話するたびに彼女に引きつけられていきます。
 ジョスランの友人、弟も、本当のことを告げるべきと忠告するのですがジョスランは何度もためらいます。この辺はちょっとコミカルで苦笑してしまいます。父親にも相談するのですがやはり親子で、この父にしてこの子ありといった感じです。きっと憎めない、可愛げというものが女性を引きつけるのでしょう。

RS=^ADB94QvCsT_D6fZMo8YMRDEn1cMwew-.jpg
RS=^ADB1WT_4_wLdsd0RSxlcv3mrQ7V3mE-.jpgRS=^ADBMYhmEPkoKMjA5QpYDIGjf3oanV4-.jpg

 ですがとうとうフロランスの妹にその嘘がばれてしまい、激怒した彼女は「48時間以内に本当のことをいわないと_」とビンタを喰らってしまいます。



 どうしよう? とジョスラン。友人はルルド(カトリックの聖地)に旅行に誘い、そこで奇跡が起きたといって立ち上がってみれば?といいますが、ばれるに決まってる、なんてやりとりを。

 一方フロランスは妹へ打ち明けます。ジョスランが嘘をついていたことは最初からわかっていたことを。

 こうして二人は友人を含めてルルドへ出かけていきますが結局、思わぬ形でジョスランの嘘は明らかになり、二人は文字通り離ればなれになってしまいます。

 ジョスランは当初の予定だった市民マラソンに出場するのですがゴール直前で倒れ、もう立ち上がることができません。
その彼の前にフロランスが_。
RS=^ADBT.AopVVFx7_.jpg

 いい作品


 劇場を後にカレー専門店 さんえすにてカツカレーを食し、帰途につきました。


0
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

この記事へのコメント