映画な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 「翔んで埼玉」

<<   作成日時 : 2019/03/02 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2/23日 TOHOシネマズ光の森にて「翔んで埼玉」を観ました。
魔夜峰央の同名コミックの実写映画化です(原作未読)

 出演、二階堂ふみ、GACKT,伊勢谷友介、監督、武内英樹。

画像

 魔夜峰央の作品というと有名なのが「パタリロ!」で昔TVアニメを放映していたのはなんとなく覚えていますが、ほぼ観てなかったのでどういったストーリーかは ? なのですが、当時の漫画とは趣が異なる妙な雰囲気の漫画だったと言うことは覚えています。

画像


 ”埼玉”というと昔から”ダサイタマ”と何かにつけて嘲笑される対象の県というイメージがあって、テレビのバラエティ番組でもタレントの出身県でのお国自慢(?)で盛り上がったりして、特に”ダサイタマ”が面白いキャッチフレーズになっているのも、それはおおらかな県民性故なのかなとも_。
画像

 ストーリーは、埼玉のある家族が結婚式にむかう車の中でラジオから流れてきた埼玉の都市伝説とその家族の車内でのやりとりが交互に展開していくものです。

 その家族は旦那(ブラザートム)が埼玉出身、奥さん(麻生久美子)は千葉なのですが、途中で埼玉千葉のディスり合いとか、東京暮らしに憧れてた娘が結局は埼玉暮らしに落ち着いてしまうオチという展開と、”都市伝説”の東京と周辺の各県の格差を自虐的連射で強引にストーリーが展開していくファンタジーがたまらなく面白いです。
 
画像

 得てしてこの手の、ある事象を極端な視点からデフォルメして笑いを取っていく話というのは前半で力尽きて後半はぐだぐだになっていくのがパターンなのですけれど、この”翔んで埼玉”は最後までその力を落とすこと無く突っ走ったという感じで楽しめました。

 面白いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「翔んで埼玉」 映画な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる