映画な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 「雪の華」

<<   作成日時 : 2019/02/18 19:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月10日 TOHOシネマズ光の森にて「雪の華」を観ました
このタイトルから推測できるとおり、中島美嘉の「雪の華」からインスパイアされたラブロマンス映画です。
主演、中条あやみ、登坂広臣。監督、橋本光二郎。

画像

 中島美嘉の曲は昔よく聞いていて、CD,DVD(PV)も持っていました。
スローで静かな、どちらかというと暗い雰囲気の曲が多くて、それが私の感覚にぴったりしていたというのもあります。
 いまでも何曲かはそらで歌えます。
画像


 だから劇場でこの映画化の予告を観たときは絶対に観に行こうと決めていました。
 まぁ、原作ありの映画化にありがちな(特に漫画)、できあがった作品に対して”イメージが違う”なんていうネガティブな意見もあるのでしょうけれど、私はそのての”原作原理主義者”ではないので。
 
 それと後で知ったのですが脚本に岡田惠和とあったのも期待度UPという感じです。テレビドラマ「イグアナの娘」映画「いま、会いにゆきます」「8年越しの花嫁」が代表作になります。

 ストーリーは、よくある難病ものなのですけれど、決してお涙頂戴的なものでなく、ただ一心に残された時間を精一杯行きたいというヒロインの気持ちが痛いくらいにわかるものでした。
 まぁ、100万円で期間限定の恋人になってくださいと、出会ったばかりの異性に申し込むというシチュエーションに ? と疑問とも苦笑ともいえないような不思議な感じは覚えるのですけれど_。
画像

 風景は素晴らしかったです。
 ロケが日本とフィンランドということなのですが日本ではガラス細工の工芸品が並んだカフェ、水族館に隅田川の船の上でのシーン。そしてヒロインが憧れたオーロラのあるフィンランドでの風光明媚ないくつもの場所。
ヘルシンキの街の賑やかさや、一面雪一色の景色・・・。
そしてレヴィといううオーロラスポット。
画像

 いろんなシーンが美しく、劇場の大画面で体験できることに感動します。

 いい作品。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「雪の華」 映画な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる