「劇場版シティハンター・新宿プライベート・アイズ」

 2月9日、109シネマズ佐賀にて「劇場版シティハンター・新宿プライベート・アイズ」を観ました

 北条司のコミックのアニメ映画化で少年ジャンプに連載中にもよく読んでいました。もともと前作の「キャッツ・アイ」が好きだったのでそのせいもあって。
 アニメの方は「キャッツ・アイ」も当時観ていたのですが、漫画の絵とアニメの絵の差には当時がっくりしたことを覚えています。
当時のアニメのクオリティはまだまだ低かったせいもあります。
 
画像

 「シティハンター」は結構人気があったようで、ジャッキー・チェン主演での実写映画化もされていますが、まぁ・・・・(^_^)

 コミックスも持っていましたが、通して読むとまぁ見事なくらいに”水戸黄門”のごときワンパターンで、それでもその画力、タッチ、キャラの魅力に読者は取り込まれてしまう、そんな感じでした。
画像


 アニメの「シティハンター」は観ていたという記憶があまりないのですが主題歌の”GET WILD"や小比類巻かほるの”愛よ消えないで”は懐かしいです。ほかにも”SARA"や”STILL LOVE HER"とか、なぜか未だにそのメロディを覚えていたりします。

 これらの懐かしい曲がエンディングのかっこいいシーンでふっと流れてきたときには、うわー、ヤバイ! 
特に「STILL LOVER HER」のスローなテンポの曲と、実写の新宿に主要キャラがかぶせたカットの数々はじ~んと来ました。

 それにゲストキャラ(?)のキャッツ・アイの三姉妹が登場したり、新宿駅の掲示板が、スマホのVRになっていたり、とコミックには無かった演出もなかなかよかったです。
画像




 そういえばと感じたのは、この作品くらい舞台となる街(新宿)の風景、印象が強い漫画、てほかには無いよなぁと思います。
 大抵の漫画は舞台が架空のどこかであったり、実在するも作品世界ではその設定があまり生かされてなかったりという感じなのですけれど「シティハンター」はしっかりと舞台である街(新宿)の雰囲気に満ちていました。


画像



 面白かったです。




アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック