「散歩する侵略者」_Phantom menace

9月9日、TOHOシネマズ光の森にて「散歩する侵略者」を観る。
出演、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己。
監督、黒沢清。
前田知大主宰の劇団イキウメの舞台作品の映画化(原作、舞台とも未見)

画像

 ”侵略もの”というと二通りあって、一つは宇宙人が圧倒的な武力を持って襲来するもの(インデペンデンス・デイとか)で、そりゃあハデな戦闘シーンがあったり、クライマックスには離ればなれになった家族恋人との感動的な再会があったりとなにかとにぎやかなのだけれど、もう一方は主人公が周囲の人間達に違和感を覚えることを皮切りに静かな侵略が始まるというもの(盗まれた街、ゼイリブ .etc)

本作”散歩する侵略者”は後者でこういった”静かな侵略”といったテーマは深いものを暗喩していて興味深い。


 物語は二つのものがやがて一つになっていく。
とある町で奇怪な殺人事件が起きる。その一家惨殺事件で唯一生き残った女子高生 あきら(恒松祐里)の行方をジャーナリストの桜井(長谷川博己)は追う中、天野(高杉真宙)という青年に出会う。自らを宇宙人と称し地球を侵略に来たと語る青年と。
 当初まともに受け取らなかった桜井だったが、あきらと何らかのつながりがあるらしいと、行動を共にするようになるのだが_。

 一方、数日間行方不明だった夫、真治(松田龍平)を病院へ迎えに行く妻、鳴海(長澤まさみ)は夫の変わり様に驚きを隠せない。それをきっかけとしたかのような不思議な出来事が次々と起こり始める。
 夫、真治は地球を侵略するためにきた宇宙人だと告白する_。


 桜井は天野が”概念”を人間から奪う所を目撃する。
「彼等」は本当に宇宙人であり侵略にきたのだと確信し、多くの人の前で叫ぶ。
「皆いつかはこういうときが来ることをどこかで感じていたはずだ。それが今なんだ、彼等は散歩する侵略者だ!」と。
 しかし人々は誰も耳を貸さない。それはギリシャ神話のカサンドラの言葉を連想する。
画像

 
 ”彼等”は人間の持つ概念を奪い続けるのだけれど、幾人かの奪われた人は何故か涙を流し窮屈だった精神が解放されたかのように振る舞う。それは概念に固執した者が宗教的体験を経ることで解放されるような感じで。

 しかし”概念”を喪失する人々が増加していくことで社会は混乱していく事も。”未知のウイルス”として病院は患者であふれ、鳴海の取引先の会社も大騒ぎになる。
 
 静であった物語は動に転じる。


 人間は概念を奪われ社会は崩壊する。そして”彼等”はやってくるが”彼等”の真の姿は終始見えない。
”彼等”は神か、ウイルスか?宇宙人なのか?
”概念”とは何か?
画像


 「世界の終わり」とは何か?周囲の建物、風景が破壊された世界なのか?それとも世界を観ている心の崩壊を指すのか。

画像


 昨日まで見ていたものが変わっていくというのは周囲ではなく、自身の変化とも受け取れる。
 ラストの愛の概念を喪失した鳴海と、真治の姿が切ない。

画像



 いい作品。


アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック