映画な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 「BRAVE STORM」_シルバー仮面とレッドバロン!

<<   作成日時 : 2017/11/13 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月11日、TOHOシネマズはませんにて「BRAVE STORM」を観る
 出演、大東俊介、渡辺秀、山本 千尋
 監督、岡部淳也。

 TSUTAYAで立ち読みして目に入ったもの、シルバー仮面とレッドバロンの一つにした映画の情報。
 
 ? むむ?

 シルバー仮面とレッドバロンもほとんど覚えていない。
せいぜいシルエットくらいとシルバー仮面は人間大のものが後から巨大化するようになったかな? 主演は柴俊夫で・・・レッドバロンも全身朱の巨大ロボットで、後番組がマッハバロンじゃなかったっけ、程度。
昔は夕方には子供向けの番組多かったよなぁと思いつつ
劇場へ・・・。
 まぁ九州ではこの劇場を含め3館というのにも・・。
画像


 シルバー仮面のTV放送は1971年(昭和46年)から、
 レッドバロンのそれは1973年(昭和48年)。

 ストーリーは。
2050年、地球はキルギス星人の侵略を受け、人類の約95%は死滅、残る5%の人間達も滅びを待つのみ。
 そんな中生き残った春日兄妹はキルギス星人の基地からあるものを盗みだし、過去の地球へジャンプする。
まだキルギス星人の侵略が及ばない過去に。
 そしてロボット工学の権威、紅健一郎へそのものを渡す。それは来たるべくキルギス星人との戦いのために造られた巨大ロボット、レッドバロンのテクノロジだった。
画像

 そして春日兄妹はもう一人の男を捜し出す。その男の名は紅健、紅健一郎の弟でボクサーとして天才的な能力を持つ男だったが、キルギス星人の配下がそこに待ち構えていた。
 春日光二はシルバースーツを装着し危機を脱するもキルギス星人の進行はかつての歴史より早まってしまう。
画像

 
 とまぁ、今時のSFに今時のデザインのメカにCGはカッコいい。
 それに春日はるか役の山本千尋の剣劇アクションもカッコいい。(太極拳の大会でメダルを取った経歴、映画”太秦ライムライト”でヒロイン役で知ってた)
 もっと見せ場があってもいいのにとちょっと思う。
画像

画像

 ラスト、突然現れたカウボーイハットの男(エンドロールで静弦太郎)がふいに”シラヌイが攻めてきた”なんて叫んで しばらく?となる。

 え、多分これはアイアンキング?

 to be continue とあるから次回作はアイアンキングに? 
画像

画像

 楽しかった_。



 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「BRAVE STORM」_シルバー仮面とレッドバロン! 映画な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる