映画な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君の膵臓をたべたい」_君のことをもっと知りたい

<<   作成日時 : 2017/08/13 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7/30日TOHOシネマズ光の森にて「君の膵臓をたべたい」を観る。
 住野よるの同名小説の映画化(原作未読)
 出演、浜辺美波、北村匠海。監督、月川翔。
画像


 タイトルからしてちょっと恐い目のミステリ、スリラーのたぐいか漠然と思っていた。まぁ普通のタイトルではないので。でも劇場予告から ? と。

 難病のために長く生きられない事を同級生から告げられる高校生の”僕”(北村匠海)。 
 軽く微笑みながら答えるその女の子、桜良(浜辺美波)のその諦観している表情に”僕”は戸惑いを覚える。そしていつの間にか桜良のやや強引な言動に振り回される_。
画像
画像


 よくある”難病もの”の作品なのだけれどなんていうか静かで淡々と流れるストーリー。それはこのジャンルにありがちな重苦さや押しつけがましさを脱ぎ捨てたものになっているせいもある。
画像

 ストーリーの展開が現在と過去交互に進むことから「世界の中心で愛をさけぶ」を連想することも出来る。

 それに主人公”僕”はちょっと独特だ。
学校生活にあってほとんど友人を作らずクラス内でも影の薄い存在で他人に関心が無いようにみえる。だからヒロインの桜良の秘密を知ってからも余り同情をみせるふうでもなく寧ろ桜良の強引さを迷惑がっているのだけれど、そんな”僕”がラストにおもむく先は_。
画像

 ラストがとても素晴らしい。
この作品、主人公は”僕”で表され名前が明かされないのだけれどそれは、”特定の誰か”ではなく、”誰にでも”を意味しているものと思う。
画像

 いい作品。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「君の膵臓をたべたい」_君のことをもっと知りたい 映画な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる