映画な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 「パワーレンジャー」_アメリカ版戦隊ヒーロー

<<   作成日時 : 2017/07/18 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7月15日、イオンシネマ熊本にて「パワーレンジャー」を観る。
 震災後の上映再開が今年の3月24日で、この日やっと
この劇場にやってきた。(あとはユナイテッド・シネマ熊本)
 
画像

 
 「パワーレンジャー」。
日曜朝に朝日放送系列でやってる戦隊ヒーローもので相当長く続いているシリーズもの。
 ”ゴレンジャー”とか”ジャッカー電撃隊”とかは小学生の頃見ていたような記憶があるのだけれど、今は日曜朝にTVつけてたらなんとなく、何度か、という程度。

 でも結構以前からアメリカではこの戦隊ものをアメリカ風にして放送しているというのは知っていた。
 変身後のスーツ姿も日本の物と同じだけれど、当然キャラは外人、番組後半の巨大ロボット同士の戦いもアメリカはCGで、という程度に。

 で、今回初めてそのパワーレンジャーを観てみた。

 子供向けの勧善懲悪物、ヒーローものであることは間違いないのだけれど,
なかなかと思ったのは、主人公達がヒーローになるまでの描写があること。
大抵のヒーローものは変身アイテムを持ったとたんにヒーローに変身できて、必殺技も割と難なくこなしたりするのだけれど、まぁこの”パワーレンジャー”は、
変身できない。
 5人の気持ちがひとつになったときに、なんて教えられるもなかなか変身できず、
敵の戦闘員を模したシュミレーションを延々と続ける。
 5人それぞれ自己紹介をしつつわかり合えたつもりになっても”その力”を得ることは叶わず、5人は意気消沈する一方で危機が迫りつつあるという展開。

画像

 ストーリー後半、メンバー一人の死によって遺された4人の気持ちに変化が訪れる。死したメンバーの蘇りとヒーローへの変身を成し遂げるシチュエーション、
それはキリスト教の自己犠牲を暗示するようにも思える。


 なかなか面白いです。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「パワーレンジャー」_アメリカ版戦隊ヒーロー 映画な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる